歯列矯正

歯並びが気になる方へ

当院では歯並びを良くしたいという方にもご対応しています。大人の矯正治療だけではなく、小児矯正もご対応しておりますので、お子様の歯並びが気になる方なども、お気軽にご相談ください。

見た目だけではなく機能も考慮しています


歯並びや噛み合わせが正しくないことを「不正咬合」と言います。噛み合わせが正しくないと全身の健康に悪影響をおよぼし、むし歯や歯周病にもかかりやすくなってしまいます。

大人の矯正治療

大人になってから矯正治療をするのは遅すぎると思っていませんか?実は近年、大人になってから矯正治療を始める人が増えています。お口元のコンプレックスを解消して、健康に、明るい気持ちで過ごしていくためにも、矯正治療は有効です。歯並びによって治療方法は異なりますので、詳しくはお気軽にお尋ねください。

大人の矯正治療のメリット

自己管理がしやすい

矯正治療をスムーズに進めるには、適切な自己管理が大切です。親の意志でスタートすることの多い子どもの矯正治療と比べて、大人の矯正治療はご本人の意志で始めることがほとんどなので、自己管理をしっかりとでき、スムーズに治療が進むことが多いです。

治療計画がたてやすい

顎の成長中に行う子どもの矯正治療とは異なり、大人の矯正治療は顎が完成した状態から始めるので、治療の流れが予測しやすく、治療計画がたてやすくなります。

子どもの矯正治療

お子様の歯並びについて「このままだと歯並びが悪くなりそうで心配」という方もいらっしゃるかと思います。当院では大人の矯正だけではなく、小児矯正も行っています。子どもの矯正治療は、Ⅰ期治療とⅡ期治療に別れています。
乳歯と永久歯の混在するⅠ期では、永久歯が綺麗に生えてこられるように経過観察します。場合によっては床矯正という取り外し可能な矯正装置で顎を拡げる治療を行い、永久歯が生えてくるスペースを確保するなどの治療をします。永久歯の生え揃ったⅡ期治療では大人と同じ本格的な矯正治療をはじめます。

子どもの矯正治療のメリット

永久歯の歯並び・噛み合わせをできるだけ良くするように導ける

乳歯が抜けるタイミングや永久歯が生えてくる様子を観察しておくことで、歯並び・噛み合わせをできるだけ良い方向に持っていけるように導くことができます。

その後の矯正治療で抜歯の可能性が減る

狭い顎を広げたりすることで、不要な抜歯の可能性を減らすことができます。例えば大人になってから成長後矯正治療をした場合には永久歯の抜歯が必要なケースでも、小児期から矯正治療を行うと、抜歯せずに治療が可能ができることもあります。