保険診療と保険外診療

保険診療・保険外診療とは?

根本的にむし歯を治療するためには、歯を削って再発の危険をなくすことが大切です。削った後の処置には昔から保険診療の銀歯が多く使われてきました。しかし近年では、銀歯が二次むし歯や金属アレルギーの原因となることがわかってきました。そのため現在では、保険診療の銀歯によるアレルギーを心配される方や、天然の歯に近い色や硬さの白い歯を希望される方が多くなってきました。そんな保険診療では使えない歯科材料や方法で治療を行うのが、保険外診療である審美歯科治療です。

そもそも保険診療・保険外診療の違いは?

保険診療とは、保険が適用される診療のことで、保険外診療とは、保険が適用されない診療のことです。保険診療は日本全国どこで受けても、同じ医療費で受ける事ができます。ただし指定された範囲の歯科材料しか使うことができません。
一方保険外診療は、それぞれの歯科が自由に診療の内容や使用する歯科材料を定めて行う診療なので、保険診療の範囲以上の、審美性や機能性をより高める診療を行うことができます。

保険診療の特徴
・全国どこでも医療費は同じ
・指定された範囲の歯科材料で行う
・治療方法の選択肢が少ない

保険外診療の特徴
・歯科医院ごとに医療費が異なる
・様々な歯科材料を使用できる
・治療方法の選択の幅が広がる

当院では様々な「白い歯」の治療を行っています

銀歯を入れるのには抵抗があるという方のために、当院では保険診療・保険外診療の療法で白い歯をご用意しています。ただし保険診療の白い歯にはデメリットも多くあるので、注意が必要です。保険外診療をしようかお悩みの方など、詳しくはお気軽にご相談下さい。

■ 保険診療の白い歯

コンポジットレジン充填という方法があります。むし歯の部分を削った後に、コンポジットレジンという白い歯科用のプラスチックを詰める方法です。ただし、削った状態や噛み合わせの強さによっては使えない場合もあります。長持ちしないので、割れやすく変色や劣化の多いレジンクラウンは、お勧めしていません。

■ 保険外診療の白い歯

ジルコニアやポーセリンといったメタルフリークラウンは、金属を使っていないので、将来的にもアレルギーの心配はありません。また、見た目が非常にきれいで、透明感もあり、変色や劣化も少ない素材のクラウンです。さらに汚れが付きにくく、歯肉にも優しいという利点があります。予算や好みなどを聞いた上で、じっくりと提案と説明をいたしますのでお気軽にご相談ください。