東京で有楽町駅すぐ、日比谷駅直結、インプラント専門医によるインプラント治療と、歯を長持ちさせるための治療は 「歯科オーシーキューブ日比谷」 まで

医院住所
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-5-2 東宝ツインタワービル2F
アクセス
JR 「有楽町駅」 から徒歩2分/東京メトロ 「日比谷駅 A5出口」 直結

ご予約・お問い合わせはこちら 03-6205-4545

メールでのお問い合わせ

診療時間日祝
10:00~13:00
14:30~19:00
月曜日は予約診療のみです

予防・メインテナンス

歯を失うことの健康への影響

むし歯や歯周病で歯を失ってしまってもそのままにしていませんか?

image

食物をよく噛み、楽しんで味わい、しっかり消化することは、人が生きていく上でとても大事なことです。それを可能にしてくれているのが、健康な「歯」です。
歯を抜いたまま放置していると、残っている歯が徐々に移動し、かみ合わせが悪くなり、咀嚼力(食物を噛み砕く能力)が低下してしまいます。また、残っている歯への負担が大きくなり、歯周病などの病気の原因にもなってきます。歯を抜けたまま放置していても何も良いことはありません。以下のような悪影響を防ぐためにも、ご自身のお口にあった義歯・入れ歯が必要なのです。

  • 食べ物が詰まりやすくなる

    汚れがたまってしまうのでむし歯、歯周病になりやすくなります。

  • 見た目が悪くなる

    前歯などが抜けて、傾いたりすると見た目が悪くなります。

  • かみ合わせが悪くなる

    噛んだ時に1本だけ強く当たるようになったり、強く当たっている歯の状態が悪くなり、過度な負担がかかって、その歯を失ってしまうこともあります。

  • 顎関節症になることがある

    顎の関節や筋肉に痛みがでることもあります。

  • 治療が困難になる

    歯が移動してしまった後では、元のかみ合わせに戻すことは非常に困難になります。

審美面での悪影響としては、歯を失うことで、歯並びが悪くなるほか、歯を支えている歯槽骨がやせてしまい歯ぐきが下がったように見えます。また、失った場所が奥歯であれば、頬のラインや顎のラインが内側に寄ることにより、頬がこけて見えたり、顎のたるみを引き起こします。前歯の場合は口もとにシワが寄りやすくなります。 生活面の悪影響としては、歯がない部分から息が漏れてしまい発音が不明瞭になるほか、噛み合わせが悪くなることから、うまく咀嚼ができず胃腸へ過度の負担がかかります(咀嚼障害により胃腸への負担)。さらにうまく咀嚼ができないということは、脳に刺激が与えられないため、脳への血流量や働きが低下、認知症の発症リスクが高まるとも言われています。

「1本の歯を失うこと」から始まる、欠損ドミノによる悪循環

むし歯や歯周病で歯を失ってしまっても、「たった1本くらい、なんてことはない」と思われてはいませんか?しかし実はそのたった1本が、全身の健康を脅かす「欠損ドミノ」のスタートを切ってしまうのです。欠損ドミノとは、1本の歯を失うことによってドミノのように次々とお口の環境が悪化し、さらに全身の健康にも支障が生まれていってしまう悪循環のことをいいます。たった一本の歯を失ったことから、まるでドミノ倒しのように歯と健康を失っていく「欠損ドミノ」に陥らないためには、できるだけ早い段階で欠損ドミノが倒れだすことを食い止めることが大切です。
※欠損ドミノとは、林揚春先生と武田孝之先生らのグループが提唱されている考え方です。

欠損ドミノ

map

質の高い治療で歯を残し健康寿命の延伸を目指す歯科医院 歯科オーシーキューブ日比谷 DENTAL CLINIC OC3HIBIYA

医院住所
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-5-2 東宝ツインタワービル2F
アクセス
JR 「有楽町駅」 から徒歩2分/東京メトロ 「日比谷駅 A5出口」 直結

ご予約・お問い合わせはこちら 03-6205-4545

メールでのお問い合わせ

診療時間日祝
10:00~13:00
14:30~19:00
月曜日は予約診療のみです