東京で有楽町駅すぐ、日比谷駅直結、インプラント専門医によるインプラント治療と、歯を長持ちさせるための治療は 「歯科オーシーキューブ日比谷」 まで

医院住所
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-5-2 東宝ツインタワービル2F
アクセス
JR 「有楽町駅」 から徒歩2分/東京メトロ 「日比谷駅 A5出口」 直結

ご予約・お問い合わせはこちら 03-6205-4545

メールでのお問い合わせ

診療時間日祝
10:00~13:00
14:30~19:00
月曜日は予約診療のみです

インプラント治療

インプラント治療の流れ

インプラントで注意していただきたいのは、天然歯と同じではないということです。インプラント治療をした歯は歯根膜がないため、歯周病等の口腔内の変化に対応することができず、周りの歯の病気がインプラントの歯に影響を与えてトラブルにつながることも多いのです。インプラントの特性を熟知し、残っている歯との共存を目指す治療を行う専門医を探すことが重要です。当院では患者さんのお話をじっくりと伺い、お一人おひとりに合った治療プランの提案を心がけています。また患者さんに合わせて術後のメインテナンスにも力を入れています。

image

1.カウンセリング  じっくりと歯の悩みや治療への不安を伺います

予約した時間に来院されましたら、問診票を記入していただきます。現在の状況、悩み、要望などを基に、リラックスできる個室で院長先生のカウンセリングを受けていただきます。図、類似症例の写真を使って分かりやすく、時間をかけて説明しますので、遠慮なくご質問ください。

image

2.口腔内の検査  歯科用CTでの3D画像も撮影し、現状をチェックします

口腔内を診た後は、歯科専用CTやレントゲンの画像を撮影します。インプラント治療が適切かどうかを診断します。歯周病等が見つかれば先にその治療を行いますが、治療の必要な歯以外が健康の場合は、すぐにインプラント治療の開始が可能です。

image

3.検査画像を解析し、  口腔内の状態の説明と治療プランの提案をします

初日は検査画像を一緒に見ながら、患部を中心に口腔内の状態を説明します。その後院長先生が治療の3D画像のシュミレーションを行い、後日改めて治療プランを提案します。インプラントは口腔内の一生にかかわる治療なので、余程早急な治療が必要で無い限りはじっくり治療方針を決めていきます。

image

4.手術  リラックスできる空間で治療を行います

オペ室は心理的に圧迫感のない雰囲気となっていますので、安心して治療を受けられます。術後1~2週間程で状態を確認し、抜糸を行います。その後はクリーニングをしながら一定期間(下の顎では2〜3ヶ月程度、上の顎では4〜6ヶ月程度)経過を見て、埋め込んだインプラントが骨内で安定し、インプラントの状態が落ち着いたところで型取りをします。はじめは仮歯で調整し、最終的に上部構造(補填物)を装着して手術は完了です。

image

5.アフターケア  術後も定期的なメインテナンスで口腔内の健康を  維持しましょう

最終的な上部構造(補填物)の装着で治療自体は完了しますが、インプラントも他の歯と同様にその後のケアが非常に重要になります。定期的な検診やメンテナンスでは、インプラントはもちろん口腔内全体のバランスを考えて、歯科衛生士による歯のクリーニング、ドクターによる歯の噛み合わせの状態、レントゲン診査などを行います。残っている健康な歯との共存を目指して、定期検診やメンテナンスに定期的に通いましょう。

術式について

インプラント治療の術式は、大きく分けて1回法(即時荷重法)と2回法があります

1回法は顎の骨が硬くて量も十分ある方に向いている方法です。患者さんの希望と口腔内検査の結果を考慮し医師が適した方法を判断します。手術は無痛麻酔で行うので、痛みはありません。インプラント治療は、まずインプラントをしっかりと支えるための骨の深さと厚さが充分にあるかが一番重要な条件です。歯槽膿漏や虫歯で歯を失うと、歯ぐきが痩せたように見えますが、これは歯を支えていた骨が溶けてしまったことが原因です。もし骨が無くなってしまっている場合でも、骨や歯ぐきを移植することで、元の健康な状態に戻し、インプラント治療を可能にすることができます。

1回法とは

1回法は、人工歯を取りつけるまでの手術を1回のみ行う方法で、歯肉の切開も1度で済むため患者さんの体への負担が軽減されます。ただし、GBR法などの骨再生法を行う場合、2回法よりも感染のリスクが若干高くなると言われています。また、多くの場合は充分な骨があることが条件となります。

1回法(1ピース型)

  • image

    局所麻酔の後、専門ドリルでインプラントと同じ長さ・太さの穴をあけます

  • image

    インプラントを埋め込みます

  • image

    仮蓋を取り付け、その部分を歯肉の上に出しておきます

  • image

    骨との結合が確認されたら土台を取り付け型をとり、被せ物を装着し終了です

2回法とは

2回法では、手術を2回行います。患者さんの負担が1回法よりも大きくなりますが、ほとんど全てのケースで適用できる利点があり、歯肉を閉じてしっかりと治癒期間を設けるため、感染の可能性が低いと言われています。

2回法(2ピース型)

  • image

    局所麻酔の後、専門ドリルでインプラントと同じ長さ・太さの穴をあけます。

  • image

    インプラントを埋め込みます。ここまでの流れは1回法と同じです。

  • image

    インプラントを完全に歯肉の下に埋没させます。

  • image

    骨との結合が確認されたら、小手術で歯肉を小さく切開し仮蓋を取り付けます。

  • image

    歯肉の治療を待ち、土台を取り付け型をとります。被せ物を装着し、終了です。

骨が足りない方へ

人間の身体は、「刺激を与えられなくなった部分は衰える」という特徴を持っています。歯が抜けるとモノが噛めずあごの骨は退化し、次第にやせ細ってしまいます。このように骨がやせていく事を、「骨の吸収」といいます。顎の骨がやせてしまう原因としては、歯周病、合わない入れ歯の使用、生まれつき骨が薄い、などがあります。顎の骨がやせてしまい充分な骨が足りない場合は、インプラント手術の前に骨を増やす手術を行います。骨を増やす方法はいくつかありますが、主な方法を3つ紹介します。

GBR(骨移植)

GBR(骨移植)とは、インプラントを埋入する(骨に入れる)時に十分な骨が無い場合、骨を足して増やす治療法です。

【治療の流れ】
露出しているインプラント体の表層に自家骨(患者さん自身の骨)を移植し、メンブレンという生体素材でできた人工の膜で覆います。すると、6~9ヶ月後には補填された移植骨が周囲の骨と結合し、インプラントと顎の骨が咬合力に耐えられる程にしっかりと結合します。
※GBRには、人工の骨補填剤を使用する場合や、自家骨と骨補填剤を混ぜたものを使用する場合、あるいはメンブレンのみで骨の再生を促す場合があります。
GBR(骨移植)

サイナスリフト(PRP)

サイナスリフトは、歯が生えていた部分の側面の歯ぐきからアプローチしていきます。骨の厚みが3~5mmよりさらに少ないときや、多数の歯が欠損しているときに行います。

【治療の流れ】
骨が薄すぎる場合、インプラントの固定が難しいため、骨移植と同時にインプラント埋入することは困難になります。
なので、まずは骨移植のみを行い、骨がしっかりできるまでに3ヶ月~6ヶ月待ちます。無事に移植骨が固まったらインプラントの埋入になります。 基本的にはこのように骨移植とインプラント埋入を別々に行いますので、歯が入るまでさらに4ヶ月~8ヶ月かかります。
サイナスリフト(PRP)

ソケットリフト

ソケットリフトは、上顎臼歯部(奥歯)にインプラントを埋入する際に、上顎の骨が薄い場合に行う治療法で、歯の生えていた部分から(歯を抜いたときはその穴から)アプローチしていきます。ソケットリフトは、しっかりとインプラントが固定できるだけの骨の厚み(最低3~5mm)がないとできません。
メリットとして、骨の移植と同時にインプラントを入れることができますので、はじめに骨移植のみをするような場合よりも、歯が入るまでの期間が約3ヶ月ほど短縮されます。また体への負担もサイナスリフトと比べると少ないので、腫れや痛みがほとんどありません。

【治療の流れ】
インプラントを埋入するための穴を上顎の骨に開け、そこに自家骨を挿入します。上顎洞の底部にある粘膜(シュナイダー膜)を押し上げて骨を追加します。そして、そこにインプラントを埋入します。インプラントは先端までしっかり骨に覆われることで、6~9ヶ月後には上顎の骨と十分に結合します。
※自家骨だけでなく、人工の骨補填剤を使用する場合や、自家骨と骨補填剤を混ぜたものを使用する場合もあります。
ソケットリフト

手術が怖くて不安な患者さんへ 静脈内鎮静法

当院ではご要望があった場合のみ行います。

静脈内鎮静法を行うと、手術中のことはほとんど覚えてません。これを健忘効果といいます。しかし、実際には、手術中は意識がある場合もありますし、眠ってしまう方もいます。いずれにしても、うっすらとした穏やかな意識の中で、薬の力で不安や恐怖心は全く感じなくなっています。 「いつの間に手術が終わったのか分からなかった」と言ってしまうくらい、眠っている時とほぼ同じ状態で、いつの間にかインプラント外科手術が終了しているといった感じです。静脈内鎮静法方法は、まず腕の血管(静脈)に点滴で麻酔液を入れます。そのコントロールは熟練した麻酔専門医により行われます。麻酔は5~10分程度で効いてきます。その後はインプラント治療が終了するまで寝ている状態です。
手術が終了したら、鎮静薬の効力を無くす薬剤を点滴します。すると徐々に目覚めてきます。静脈内鎮静法終了後、自分で歩けますが完全に麻酔が切れるまで時間がかかりますので、車の運転や自転車での帰宅はできません。

map

質の高い治療で歯を残し健康寿命の延伸を目指す歯科医院 歯科オーシーキューブ日比谷 DENTAL CLINIC OC3HIBIYA

医院住所
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-5-2 東宝ツインタワービル2F
アクセス
JR 「有楽町駅」 から徒歩2分/東京メトロ 「日比谷駅 A5出口」 直結

ご予約・お問い合わせはこちら 03-6205-4545

メールでのお問い合わせ

診療時間日祝
10:00~13:00
14:30~19:00
月曜日は予約診療のみです