東京で有楽町駅すぐ、日比谷駅直結、インプラント専門医によるインプラント治療と、歯を長持ちさせるための治療は 「歯科オーシーキューブ日比谷」 まで

医院住所
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-5-2 東宝ツインタワービル2F
アクセス
JR 「有楽町駅」 から徒歩2分/東京メトロ 「日比谷駅 A5出口」 直結

ご予約・お問い合わせはこちら 03-6205-4545

メールでのお問い合わせ

診療時間日祝
10:00~13:00
14:30~19:00
月曜日は予約診療のみです

むし歯治療

二次むし歯について

二次むし歯とは

一度むし歯を治療したのに、同じ場所がまた何度もむし歯になってしまうことを二次むし歯といいます。
そういったむし歯は、治療した金属と歯の伱間にむし歯菌が入り込んでしまうことで起こります。むし歯治療した後も、きちんとケアをしなければ、むし歯治療を何度何度も繰り返すことになり、最終的には歯を抜歯しなくてはいけなくなってしまいます。

詳しく見る

一度むし歯になった歯は完全に元通りには治りません

「治る」ということには2通りの意味があります。1つは完全に元に戻る場合です。例えば、風邪が治った時は、体調はほとんど以前と同じ状態になっていると思います。もう1つは治っても完全に元に戻ったわけではない場合です。例えば、怪我や病気で手術をして病気は良くなっても、後遺症が残ってしまう場合があります。
むし歯治療で言う「治る」は、後者のような状態です。治療して悪い所を取っても、人工物で置き換えているにすぎないので、元通りになったわけではありません。人工物に置き換えることには限界があります。悪い所を取って置き換える、ということができなくなった時、抜歯をしなくてはならないのです。しっかりとメインテナンスを行い、二次むし歯にならないようにすることが大切です。

詳しく見る

神経を抜いた歯は抜歯の一歩手前の状態です

神経を取った歯は、抜歯の一歩手前の状態なので注意が必要です。神経を取るような状態では、もう歯のほとんどの部分が人工物に置き換えられているため、その先何度も治療を繰り返すことができません。また、神経を取っているため痛みも感じず、むし歯が進行しても気づきにくいので、気がついたら抜歯しなくてはいけない状態になっていた、ということも多くあります。

歯の神経を失うリスク

  • 歯がもろくなる
  • 大きな目立つ被せ物になる
  • 痛みを感じなくなり、むし歯になっても気付きにくい

map

質の高い治療で歯を残し健康寿命の延伸を目指す歯科医院 歯科オーシーキューブ日比谷 DENTAL CLINIC OC3HIBIYA

医院住所
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-5-2 東宝ツインタワービル2F
アクセス
JR 「有楽町駅」 から徒歩2分/東京メトロ 「日比谷駅 A5出口」 直結

ご予約・お問い合わせはこちら 03-6205-4545

メールでのお問い合わせ

診療時間日祝
10:00~13:00
14:30~19:00
月曜日は予約診療のみです